展望・使命・価値観

本校の展望

本校は国際的な展望を持ち、知力を備えキリスト教の信念と価値観に基づいた慈悲の心に情熱を捧げる未来の指導者の育成を目標としています。

本校の目標

  • コミュニティー全員の精神の成長及びキリスト教の信念と価値観の培いを基盤とし育む
  • グローバルな視野を持ち、それに関わる問題などを理解できる活発な国際コミュニティーの育成
  • 相互の助け合い、理解、尊敬、そして奉仕の必要性の認識を生徒に促す
  • 生徒のリーダーシップ、団結力、責任感を培う
  • 生徒に健康的な生活習慣を指導し、それぞれの文化の認識を促す
  • 生徒の知力の発達を促し、各々の可能な限りに達成できる学力証書を収められるべく取り組む
  • 生徒に内存する本質的な学習の楽しさ、欲求を導き出し、創作的、批判的、反省的な学習を促し、自分のアイデアや信念をバランスが取れた明確な方法で述べられるようにサポートする
  • 生徒の自己統制、行動力、自立と起業精神を養う
  • 教育の場として可能な限りの質の高い環境を提供する

本校の教育理念

ACS (インターナショナル) は、ACSの伝統的な教育理念に加え、国際的な視野を取り入れております。ACS姉妹校に共通するように、私たちは神により創造され、神の元に在ると信じています。そのため、私たちは総合的な教育、つまり人として、身体、精神の育成を担い、各々が神のお導きを理解し達成する事に力を尽くしています。

重要な真理とは、地域によって学習されると信じております。地域の一人一人が、自分は価値がある、認められていると感じ、神に与えられた可能性を達成できるよう目指しています。

国際学校として、すべての人種、文化的、宗教的、社会的背景を持つ生徒を受け入れております。各人の尊厳を認め、自分と異なる人種、文化、宗教また社会的背景を持つ者に対し意図をもって見下す事はありません。メソジスト施設として、キリスト教信念と教育に基づく教育コミュニティーを築き、私たちの生活の中心にキリスト教の価値観を置く事を望んでいます。校内ではキリスト教を布教し、それぞれが神の教えに真摯に耳を傾けることを促しています。キリスト信仰は、学校生活の重要な一部であり、全教員・生徒は正式な礼拝に参拝することが求められています。同時に各教員、生徒それぞれの信仰にも理解を示しています。

本校は30ヵ国の生徒からなる国際コミュニティーです。生徒がそれぞれ自の文化や国籍を誇りに思い、同時にグローバルコミュニティーの与える機会や課題を認識できるようにサポートすることを目標としています。

本校はシンガポールに所在しているため、日々常にシンガポールの中枢となる価値観を認識し、シンガポール国旗を掲げ、シンガポール人の国家斉唱の時間はシンガポール人と同様に、共に起立します。